相模原市南区古淵の耳鼻咽喉科 おぎはら耳鼻咽喉科|聞こえにくい めまい 耳鳴り 鼻血 鼻づまり のどの腫れ 花粉症 町田

相模原市南区古淵の耳鼻咽喉科 おぎはら耳鼻咽喉科

相模原市南区古淵の耳鼻咽喉科 おぎはら耳鼻咽喉科の診療時間は(月・火・水・金・土)9:00~12:00 15:00~18:00(土曜午後は予約のみ)休診:木曜、日・祝

JR横浜線「古淵」駅より徒歩1分

相模原市南区古淵の耳鼻咽喉科 おぎはら耳鼻咽喉科の電話番号042-750-3387

ネットからの受付はこちら

ビタミンはなぜ大切なのでしょう?

人間が生きていくためには、「糖質」「脂質」「タンパク質」という三大栄養素のほかに、ビタミンとミネラルという微量栄養素が必要です。

三大栄養素はエネルギー源となりますが、ビタミンとミネラルは潤滑油のような働きをします。

ビタミンの多くは体の中では作ることができないので、食べ物などから摂取する必要があります。

このうち水溶性ビタミンは、保存の仕方や調理によって壊れやすいので、不足しがちになります。

主な水溶性ビタミン

ビタミンB1(チアミン)

糖質からエネルギーを作るためのサポートや、神経の機能を正常に保つために役立ちます。

不足すると疲労や肩こりなどの原因になると考えられます。

ビタミンB2(リボフラビン)

脂質の代謝や、過酸化脂質の分解に役立ちます。皮膚や毛の成長を促進します。

不足すると、肌荒れや口内炎などを起こしやすくなります。

ナイアシン(ニコチン酸・ニコチンアミド)

皮膚の機能を保ちます。三大栄養素の代謝に役立ちます。

不足すると、肌荒れを起こしやすくなります。

パントテン酸

三大栄養素の代謝に役立ちます。

ビタミンB6(ピリドキシン)

神経の機能を正常に保つことや、タンパク質の代謝に役立ちます。

不足すると肌荒れや口内炎を起こしやすくなります。

ビタミンB12(コバラミン)

赤血球の生成を助け、神経の機能を正常に保ちます。

不足すると貧血になりやすくなります。

ビタミンC(アスコルビン酸)

皮膚や血管などのコラーゲン生成に役立ちます。メラニン色素の生成を抑えます。

不足すると、日焼けによるシミ・そばかすや歯茎からの出血の原因になります。

また、タバコを吸うとビタミンCが破壊されることが知られています。

食生活の改善とサプリや注射の活用

体内のビタミンを不足させないためには、バランスの良い食事を摂ることがもっとも重要です。

食事が偏りがちだったり、量をたくさん食べられない場合には、サプリメントやビタミン注射で補うことができます。


自費診療のご案内
高濃度ビタミンC点滴
自由診療メニュー/料金表
ビタミンはなぜ
大切なのでしょう?
耳の病気
急性中耳炎
慢性中耳炎
滲出性中耳炎
航空性中耳炎
外耳炎・外耳道湿疹
外耳道異物
先天性外耳道閉鎖症
耳管機能不全
耳硬化症
メニエール病
突発性難聴
良性発作性頭位めまい症
感音難聴
急性乳突洞炎・乳様突起炎
先天性耳瘻孔
加齢性難聴(老人性難聴)
心因性難聴(機能性難聴)
音響外傷、騒音性難聴
先天性耳小骨奇形
外リンパ瘻(ろう)
鼻の病気
副鼻腔炎
アレルギー性鼻炎
鼻中隔弯曲症
のどの病気
扁桃周囲膿瘍
急性扁桃炎
その他の病気
顔面神経麻痺





このページの先頭へ戻る