相模原市南区古淵の耳鼻咽喉科 おぎはら耳鼻咽喉科|聞こえにくい めまい 耳鳴り 鼻血 鼻づまり のどの腫れ 花粉症 町田

相模原市南区古淵の耳鼻咽喉科 おぎはら耳鼻咽喉科

相模原市南区古淵の耳鼻咽喉科 おぎはら耳鼻咽喉科の診療時間は(月・火・水・金・土)9:00~12:00 15:00~18:00(土曜午後は予約のみ)休診:木曜、日・祝

JR横浜線「古淵」駅より徒歩1分

相模原市南区古淵の耳鼻咽喉科 おぎはら耳鼻咽喉科の電話番号042-750-3387

ネットからの受付はこちら

顔面神経麻痺(末梢性)

末梢性顔面神経麻痺にはベル麻痺、ハント症候群、外傷性麻痺、その他の疾患に合併する顔面神経麻痺などがありますが、ベル麻痺またはハント症候群が大半を占めます。

ベル麻痺とは、原因不明の一側性顔面神経麻痺を示す病名です。

単純ヘルペスウイルスの関与が指摘されています。

ハント症候群(ラムゼイハント症候群)は、水痘帯状疱疹ウィルスが関与する顔面神経麻痺であり、耳介の帯状疱疹や難聴・めまいなどの神経症状を合併します。

ほとんどの場合、急性・一側性(身体の片側のみ)に発症します。

症状

顔面神経麻痺の症状として、以下のものがあげられます。

  • 目のまわり、鼻のまわり、口のまわりの動きが悪い。動かない。
  • 目が閉じにくい。
  • 飲水やうがいをする時に水分が口からこぼれてしまう。
  • 片方の口角が下がっている。

治療

ベル麻痺やハント症候群では、ステロイド剤と抗ウィルス薬を中心とした薬物治療を行います。

重症の場合は入院治療がすすめられます。

また、重症かつ薬物治療の効果が乏しい場合には、手術治療(顔面神経減価術)を行うことがあります。

予後

ベル麻痺の予後は、70%~90%が治癒するとされており、ハント症候群では60%程度の治癒率と言われています。

自然治癒するケースもありますが、発症からできるだけ早期に治療を行うことが重要です。


自費診療のご案内
高濃度ビタミンC点滴
自由診療メニュー/料金表
ビタミンはなぜ
大切なのでしょう?
耳の病気
急性中耳炎
慢性中耳炎
滲出性中耳炎
航空性中耳炎
外耳炎・外耳道湿疹
外耳道異物
先天性外耳道閉鎖症
耳管機能不全
耳硬化症
メニエール病
突発性難聴
良性発作性頭位めまい症
感音難聴
急性乳突洞炎・乳様突起炎
先天性耳瘻孔
加齢性難聴(老人性難聴)
心因性難聴(機能性難聴)
音響外傷、騒音性難聴
先天性耳小骨奇形
外リンパ瘻(ろう)
鼻の病気
副鼻腔炎
アレルギー性鼻炎
鼻中隔弯曲症
のどの病気
扁桃周囲膿瘍
急性扁桃炎
その他の病気
顔面神経麻痺





このページの先頭へ戻る