相模原市南区の耳鼻科 聞こえにくい めまい 耳鳴り 鼻血 鼻づまり のどの腫れ 花粉症 古淵

相模原市南区古淵の耳鼻咽喉科

急性乳突洞炎・乳様突起炎

中耳は鼓膜の奥にある洞窟のような部屋です。

中細菌やウィルス感染による急性炎症が中耳に起こる病気を急性中耳炎と言いますが、重症化すると中耳のまわりの骨の中(側頭骨)まで炎症が波及します。

このように、急性中耳炎が重症化して周囲の骨にまで強い炎症が起こる状態を急性乳突洞炎や乳様突起炎と呼びます。

症状

中耳炎の症状(耳痛、耳漏、耳閉感、発熱など)に加えて、耳の後ろが赤く腫れる場合や、耳介が前方に立ってくること(耳介聳立)があります。

腫れている部位は痛みを伴います。

さらに悪化すると、中耳の近くを走る顔面神経に炎症が波及し、顔面神経麻痺などの合併症が起こることがあります。

治療

鼓膜を切開して中耳の膿を排出させます。また、抗菌薬の点滴を行います。

中耳炎の重症化と考え、基本的には入院治療が必要となります。

点滴などの保存的治療では改善が見込めない場合は緊急手術で耳後部を切開し、膿を出す必要があります。