相模原市南区の耳鼻科 聞こえにくい めまい 耳鳴り 鼻血 鼻づまり のどの腫れ 花粉症 古淵

相模原市南区古淵の耳鼻咽喉科

耳硬化症

鼓膜の奥にある中耳には耳小骨という小さな骨が3つあり、耳小骨が振動することで音刺激を内耳の神経に伝えています。

耳小骨のうち一番奥にあるアブミ骨という骨がかたくなってしまい、音の振動をうまく伝えられなくなる病気を耳硬化症と言います。

徐々に聴力が下がっていく原因不明の病気です。多くの場合、両耳とも聞こえが悪くなります。

症状

耳硬化症の症状として、以下のものがあげられます。

治療

耳硬化症の治療は手術治療が中心となります。

かたくなったアブミ骨の代わりに、人工耳小骨(金属製やテフロン製など)を置き換える手術です。入院し、全身麻酔で行うのが一般的です。

手術を受けない場合は補聴器を使用して聞こえを改善します。