相模原市南区の耳鼻科 聞こえにくい めまい 耳鳴り 鼻血 鼻づまり のどの腫れ 花粉症 古淵

相模原市南区古淵の耳鼻咽喉科

耳管機能不全(耳管開放症・耳管狭窄症)

耳管は中耳(鼓室)とのど(咽頭)をつなぐ管状の部位です。

なにかを飲み込む時やあくびをする時に、まわりの筋肉が動くことによって耳管の出口が一時的に開きますが、その後すぐに閉じます。

この、耳管が開いたり閉じたりする機能がうまく働かずに耳管が開きっぱなしになる状態を耳管開放症と言い、耳管が開きにくくなる状態を耳管狭窄症と言います。

症状

耳管開放症の症状

耳管開放症の症状として、以下のものがあげられます。

※この症状があれば「鼻すすり型耳管開放症」と呼びます。
二次的に中耳疾患(真珠腫性中耳炎など)を引き起こすことがあります。

耳管狭窄症

耳管狭窄症の症状として、以下のものがあげられます。

治療

耳管開放症で症状が軽い場合は、経過観察となります。

前かがみの姿勢や、体を横たえることで(頭の位置が下がる)症状が軽くなります。

これは重力によりのどの奥の血流が増えることで、耳管周囲の粘膜がふくらむためと考えられます。

また、生理食塩水を点鼻すると症状が改善することが知られています。

症状がひどい場合には手術(耳管内チューブ挿入術など)を行うことで改善が期待されますが、現状では手術を受けられる施設は限られています。

耳管狭窄症の治療として耳鼻咽喉科外来で耳管通気を行うと、一時的に症状が改善します。

また鼓膜切開や鼓膜チューブ留置を行うこともあります。