相模原市南区の耳鼻科 聞こえにくい めまい 耳鳴り 鼻血 鼻づまり のどの腫れ 花粉症 古淵

相模原市南区古淵の耳鼻咽喉科

副鼻腔炎

副鼻腔炎(いわゆる蓄膿症)は、鼻腔から奥(顔面骨の内側、とくに頬や額や目の奥)に広がる副鼻腔という空間に炎症が起こる疾患です。

急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎に分けられます。

急性副鼻腔炎

細菌やウィルス感染が原因で比較的急激に鼻汁や鼻閉、鼻の痛みなどの症状が出現する場合。

慢性副鼻腔炎

数週間から数ヶ月以上症状が続く場合。

症状

急性副鼻腔炎

慢性副鼻腔炎

治療

急性副鼻腔炎では、抗菌薬や鎮痛剤を用いる薬物療法を行います。

炎症が強く、眼窩内や視神経に波及するなどの合併症が起こった際には、緊急手術を行い排膿することがあります。

慢性副鼻腔炎でも、まずは薬物療法(マクロライド少量療法など)を数週間から数ヶ月かけて行います。

手術を行うことも

鼻茸があり鼻閉がひどい場合や、薬物療法の効果が乏しい場合には、手術(内視鏡下鼻副鼻腔手術)を行います。

手術のあとも、キズが落ち着いてきれいになるまで、鼻腔内の清掃や薬物治療のために1年間ほどの通院が必要になることが多いです。

再発の予防

副鼻腔炎は再発することがあります。

医師の指示通りに通院しながら、鼻洗浄(鼻うがい)など自宅でできるケアを継続することが再発予防に有効です。